TOEFL

海外留学をはじめ用途が広がるTOEFL®テスト

TOEFL®テストは、英語を母語としない人々の測るためのテストとして米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)が 開発しました。
世界165ヵ国以上で実施されており、9,000以上の大学・短大などで受け入れられています。
現在は、日本の大学においても留学以外単位認定やクラス分けの目的で、実施が増加しています。

  • 申込受付店舗一覧

TOEFL ITP®(Institutional Testing Program)は
TOEFL®テストの団体向けプログラムです

試験日程・申込みの方法など詳細は各大学生協にお問い合わせください。
実施していない生協もあります。

  • 問題は、過去TOEFL® PBTで出題されたものを再利用しています。
  • 正規留学をする場合には、TOEFL®テストの点数が必要になります。
    ただし大学によっては、提携大学への派遣の際に必要なスコアとしてTOEFL ITP®を利用できることがあります。
  • TWE(Test of Written English)は、TOEFL ITP®には含まれていません。
  • スコアは310~677で表記されます。
  • TOEFL ITP®スコアに公的な効力はありませんが、出題形式や採点方法は、TOEFL® PBTに準じており、TOEFL ITP®の点数をTOEFL®テストに換算することができます。
  • 国際教育交換協議会(CIEE)が、ETSの委託を受けて、日本での運営・実施を行っています。
    大学生協は、国際教育交換協議会と協力・連携をし、学生の皆さんがより受験しやすい環境づくりをめざして、学内でのTOEFL ITP®実施運営をサポートしています。

TOEFL®テストを理解するための3つのポイント

TOEFL ITP® 学内受験

  • テストの形式

    基本はペーパー 模試チェック
    過去のペーパー版TOEFL®テスト問題を使用。リスニング、文法・語法、リーディングで構成され、INPUT &処理能力が問われる。
  • パートの特徴

    文法・語彙あり 長文は長い
    基本的な文法・語彙セクションもあるので復習を。リスニングはTOEIC®と似てスピード勝負。長文は学術的・長いもの多し。
  • 学習のポイント

    語彙力増強と 長文処理能力
    TOEIC®よりもアカデミックな語彙力が要求される。時間をかけて増やしていくしかない。長文問題は速読力がキーとなる。