HOME > お部屋探しに関するよくある質問

お部屋探しに関するよくある質問

Q. 帯広畜産大学生協のお部屋情報(ルームガイド)は、街の不動産屋さんとどう違うのですか
A. 帯広畜産大学生協は、帯広畜産大学の委託を受け、ご協力いただいた近隣の大家さんからの情報をもとに学生の皆さんに情報提供をしています。賃貸契約に関しましては、大家さんまたは不動産会社と直接契約を交わしていただきます。生協は学生の皆さんがより良い大学生活を送れるよう住まい探しをバックアップしています。
Q. お部屋はインターネットのみで決めずに、実際に見に行って決めた方がいいですか
A. お部屋の様子や周辺の生活環境などは実際に見てみないと分からない部分もありますので、可能であれば実際に見学してお決めいただくことをおすすめいたします。大学までの距離や実際に通う道、スーパーなどの距離も把握した方が新生活へのイメージもよりつかめると思います。冬は自転車に乗れなくなるので、冬の通学のことも良く考えておきましょう。
Q. お部屋を見ることができますか
A. 現在、空室になっているお部屋があれば下見をすることが可能ですが、空室予定の多くは3月卒業で退居するため下見ができないケースも多いです。まずは大家さんや不動産会社へ下見が可能かどうかを確認してみてください。
Q. お部屋を下見する際は、予約は必要ですか
A. 下見が可能なお部屋や入居可能なお部屋があるかも併せて、事前に連絡・予約をしていただく事をおすすめします。例年、時期的に下見を希望される方の日程が重なることも多いため、よりスムーズに効率よく時間を使う上でも必要といえるでしょう。
Q. お部屋にエアコンは付いていますか?
A. エアコンが設置されている物件もありますが、それほど多くはありません。7月~8月は最高気温が高くなる日もありますが、本州に比べると非常に短期間です。日中は暑くなっても日が沈むと気温も下がり比較的過ごしやすくもなりますので、個人差はあるところですが帯広ではエアコンが入居の必須条件とはなっていないというのが実態でしょうか。
Q. 暖房はコタツでも大丈夫ですか
A. 帯広の厳寒期だと最低気温が氷点下20℃近い日も多いです。ほとんどのお部屋には暖房器具がついており、そちらを利用することになりますのでコタツはあくまでも暖房の補助とした利用となります。特にアパート・マンションにお住まいになる方は、特に冷え込みが厳しい日や室内が常に冷えた状態でいると水道凍結の危険もありますので暖房機(ストーブ)を使用してお部屋を暖めてください。
Q. 水道凍結ってどういうことですか
A. 最低気温が氷点下まで下がると水道管に残っている水が凍って膨張し水道管を破裂させることがあります。破裂してしまうと元栓を閉めない限りそこから水が出続けてお部屋が水浸しになってしまいます。最悪は隣のお部屋や階下のお部屋まで損害を与えることとなり多額の費用が掛かってしまいます。それを防ぐために、元栓で水落とし作業をすることが必要になりますが、作業方法は入居時などに大家さんや不動産会社から説明を受けてください。大学生協では安心して大学生活を過ごしていただけるよう、学生のための(火災共済)+(学生賠償責任保険)の提案を行なっており、火災や水道凍結等で自分のお部屋や他の入居者のお部屋、家財道具にまで被害が出た場合も対象(一部例外もあります)となる、学生どうしのたすけあいの保障制度もあります。
Q. 引越しの時期はいつごろですか
A. 例年ですと3月20日に卒業式が行われ、多くの現入居者(卒業生)はその数日後に一斉にお引越し・退室されますが、退室後にお部屋の清掃およびストーブ清掃などを実施して、それが済んでからの入居となりますのでほとんどの場合は4月1日以降の入居が基本となっています。なお実際の入居日に関しては大家さんや不動産会社に確認をして、お引越しの日程をお決めください。