スーパーで見かける 1 リットルや 500ml の紙パックと同じ容器に入った【畜大牛乳】。
パッケージの形はフツーなんですが、この牛乳は帯広畜産大学内で大学の教育と研究のために飼っている健康な乳牛からつくら れているんです。
しかも乳牛が飼われている農場は、講義棟や研究棟があるキャンパス内。

所有する農場の広さは、なんと約 120 ヘクタール。
東京ドームが 25 個も入ります。

ここで飼料の自家生産も行なっていますので、地元で採れたおいしい飼料や草を食べたストレスの少ない牛から畜大牛乳は作ら れています。

 
●畜大牛乳を生産する畜産フィールド科学センター
 
 
農場の広大な敷地 内に 『乳製品工場』 が あります。バルククーラーから搾りたてを運び、その日のうちにパック詰めします。
 
牧場のバーチャル見学はコチラ
http://www.obihiro.ac.jp/~fcasa/bartyal.htm
帯広畜産大学のキャンパスマップはコチラ
http://www.obihiro.ac.jp/facility/map.html
畜産フィールド科学センターでは、地元の子供たちへ酪農の素晴らしさを知ってもらうため乳搾りの体験会なども行なっています。
 
 

<< Back
Page Top