お部屋紹介

(株)学生コープ総合サービス 北海学園店 北海道知事免許 石狩(6)第5907号
私たち北海学園生協は1959年の創業以来、大学の構内で50年以上にわたって、
先輩方、そして皆さんのキャンパスライフをサポートしています。

  1. トップページ
  2. お部屋紹介
  3. 先輩ひとり暮らし学生のデータ

先輩ひとり暮らし学生のデータ

学園生協生協ルームガイドがお部屋を紹介した昨年の新入生のデータと、毎年全学生からサンプリングで生協が行っている調査から、平均的な学生生活を見てみます。

ひとり暮らしの形態は?

北海学園には学生寮がありません。昔は主流だった食事付きの下宿は物件数自体が、かなり少なくなりました。アパートのような個室で食事提供がある「学生会館」がそれにわる形態としてあります。

しかし、9割以上の新入生が自分で自炊する「アパート・マンション」を選んでいます。

家賃の相場は?

 

下宿・学生会館をのぞくアパート・マンションに入居した昨年度新入生の平均家賃は38,599円/月となりました。傾向としては、女子学生が物件のセキュリティを重視するので、設備や周辺環境の条件から、男子に比べ4千円ほど高くなっています。

 

セキュリティ環境は?

 

物件のセキュリティとしては、設備としてのオートロックや管理人の存在などがあります。社会人単身者も多く住む地域なので、女子学生はこうした設備を重視する傾向です。また学園生協では、女子学生には1階のお部屋は出来るだけ避けるようご案内しています。これもセキュリティ上の理由です。

 

 

通学徒歩時間は?

 

 

 

北海学園大・商科大豊平キャンパスは地下鉄駅に直結の立地です。つまり、大学に近いということは地下鉄にも近いということ。札幌市内で賃貸物件を探すとき、地下鉄沿線や駅周辺は利便性が高く家賃相場も高くなります。つまり豊平キャンパス周辺は、大学と関係のない社会人などにも人気のある地域なのです。これも家賃に影響を与える要因です。

だからといって、家賃を払い、さらに通学の交通費をかけるのは2重負担になります。これらのバランスを考慮し、約6割の新入生が徒歩6〜10分の範囲で選択しています。

大学までの徒歩距離は少し遠くても、スーパーが近いなどの周辺環境も重要なポイントになります。

 

自転車通学も

自転車通学する場合、積雪期が心配になります。しかし実際に積雪期の通学は年間の内1.5ヶ月程度。札幌では12月中旬からが積雪期ですが、年末年始を超え1月9日頃から講義再開し1月末から2月4日頃まで試験、その後は4月まで春休みとなるからです。

もちろん、部活・サークル活動などで春休み中も登校する人もいます。各自の学生生活をどう過ごすかによって判断が分かれるところです。

 

ネット環境

 

近年、競合上の理由から「インターネット無料」を謳う物件が急速に増えおり、昨年度は6割以上の人がネット無料物件に入居しました。

無料のネット接続はありがたい設備ですが、品質は物件により差があるようです。情報セキュリティ上の心配や通信速度への不満(夜になると遅くなる、など)も聞こえてきます。物件によっては無料インターネットに不満の方は個人で光回線の契約が出来るところもあります。個人で有料契約する場合は別途4千円/月程度の費用が必要となります。最近はモバイルWiFiルーターを使う方も増えてきましたが料金はやはり4千円/月程度となります。

 

ひとり暮らし家計収支/仕送り/奨学金など

※このデータは昨年度新入生だけでなく全学年からサンプリングし18年秋に行ったアンケートのデータです。これらを参考にして、家賃上限などを決めておくと良いと思います。

 

 

収入で、実家からの仕送りの平均金額は約4.9万円/月となっています。奨学金は現在多くの学生が利用していますが、近年は将来の返済など負の側面も考慮され減少の傾向です。これに加えてアルバイト収入、この3つが主な収入の柱となっています。

 

 

 

支出面では、平均家賃は約3.9万円ですが、水光熱費やネット回線費用を含む住居費全体では4万円を超え、最大の支出となります。「貯金・繰越」の使い道は、サークルやゼミの合宿、旅行に備えたものや、留学や資格取得なども多くなっています。

資料請求

お部屋さがしコンテンツ


アパート・マンション -----  豊平エリア

インターネット無料

オートロック付き