お部屋紹介

(株)学生コープ総合サービス 北海学園店 北海道知事免許 石狩(6)第5907号
私たち北海学園生協は1959年の創業以来、大学の構内で50年以上にわたって、
先輩方、そして皆さんのキャンパスライフをサポートしています。

  1. トップページ
  2. お部屋紹介
  3. 学園大工学部新入生は注意が必要

学園大工学部新入生は注意が必要

2つのキャンパス

北海学園大学工学部は、1年生の間は豊平キャンパスで学び、2年生からは山鼻キャンパスに通うことになります。これが、ひとり暮らしの工学部生にとって最大の課題です。

 

豊平キャンパスと山鼻キャンパスは直線距離では約3Kmですが、豊平川の橋を渡り最短ルートでも約4Km以上の道程です。そして、両キャンパス周辺を直接的に結ぶ交通機関が無いのです。

 

自転車で20〜30分ですが、雨の日などに公共交通機関を使う場合は・・・

地下鉄東豊線学園前駅

大通り駅
バスに乗り換え

北海学園工学部前

といったルートとなります。地図でみるとかなり遠回りになり、時間もかかり交通費も嵩む(片道330円)ことがわかります。
大通りやすすきの駅から市電を使う方法もありますが、山鼻キャンパスから直近の市電「石山通」電停まで650mの距離があります。

移動時間やコストを考えると、もっとも効率がいいのは自転車ということになると思います。

 

賃貸物件「2年契約」の壁

1年生の間は豊平キャンパス周辺に住み、2年生から山鼻キャンパス周辺の物件に住み替える、というのが理想です。でも、賃貸物件は通常2年契約を前提としているので、途中退去すれば費用負担が増えます。学生会館などは単年度契約の物件もあります。アパート希望の方には住み替えを前提とした、家電付き物件(次の引越しの手間を省くため)やネット無料物件(有料ネットでは違約金が掛かるケースもあるため)をご提案することもこれまでの経験上、多々あります。

 

山鼻キャンパスだけで完結できないコトも

山鼻へ移行した工学部2年生以上でも、週に何度も豊平キャンパスに来ている人もいます。

◎部活やサークル活動のため
◎資格講座・公務員講座を受講するため

など、豊平キャンパスに来なければならない理由がある人です。

 

 

工学部ひとり暮らしの選択肢は?

実際に先輩達はどうしているのか?以下の選択肢があります。

1.豊平に1年,または2年住み,その後山鼻へ住み替え

最初の1年間は講義や試験など、大学生活に慣れるために、まずは豊平キャンパス周辺のアパートに住み、2年生になるタイミングで山鼻周辺へ住み替え。または最初の2年間は資格講座などを積極的に受講し、3年生から工学部の研究に専念するという考え方。

2.豊平に4年
豊平キャンパス周辺に住んでみて公務員講座や資格講座、サークルやアルバイト活動など、自分のライフスタイルを考慮したうえで、結果的に4年間豊平周辺でひとり暮らし。この場合、2年生以降は山鼻キャンパスまで自転車通学、または雨天時や積雪時期は公共交通機関を乗り継いでの通学となります。

3.学生会館など1年契約の物件に入居、2年から山鼻でアパートを借りる

遠い通学をせずに済む最も理想的な形ですが、みんなに合っているとも言い切れません。学生会館は市内の様々な学校の学生・生徒を受け入れるため、大通りや札幌駅周辺などに多く、通学交通費がかかります。

4.両キャンパスの中間あたりの物件を借りる

少数派ですが、市電沿線で中島公園付近などに住むことを選ぶ人も居ます。両キャンパスとも1〜2Km離れることになりますが、アルバイトなど生活スタイルによってはフィットすることも。もちろん生協でもご紹介しています。


悩ましい問題ですが、考える上で「何に重点を置いて大学生活を送ろうとするのか?」をイメージすることが大切です。大学生活を始めてから、それが入学前と変わっていくのも当然です。結果的に途中で住み替える人も多くいます。「今の気持ち」で意志決定するしかありません。

 

資料請求

お部屋さがしコンテンツ


アパート・マンション -----  豊平エリア

インターネット無料

オートロック付き