TOEIC

コミュニケーション能力を幅広く評価する
世界共通のテスト「TOEIC®

TOEIC®には、英語で “聞く” “読む” 力を測定する「TOEIC®Listening & Reading」、“話す” “書く” 力を測定する 「TOEIC®Speaking & Writing」があります。
ビジネスでよくあるシーンや日常場面を想定したテスト問題に向けて学習することで、大学生のうちから社会が求める英語力を身に付けることができます。

また、それぞれのテストには、公開テストとIPテスト(団体特別受験制度)があります。

  • 申込受付店舗一覧
  • 申込受付店舗一覧

TOEIC®Listening & Reading
公開テストと
TOEIC®Speaking & Writing
公開テストの違い

TOEIC® Listening & Reading
公開テスト

テスト形式

マークシート方

出題形式は毎回同じで、解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙に記入

リスニング
45分間・100問
リーディング
75分間・100問

テスト結果

リスニング
5~495点
リーディング
5~495点
トータル
10~990点

※スコアは5点刻み

TOEIC®Speaking & Writing
公開テスト

テスト形式

パソコンを使って受験

ヘッドセットを装着し、パソコン画面の指示に従って音声を吹き込んだり、文章を入力して解答

スピーキング
約20分・11問
ライティング
約60分・8問

テスト結果

スピーキング
0~200点
ライティング
0~200点

※スコアは10点刻み

TOEIC®が信頼される5つの理由

  1. 米国のテスト開発専門機関(ETS)が開発
  2. 国際共通語としての英語力を測定
  3. 実践的な英語コミュニケーション能力を測定
  4. 評価基準が常に一定
  5. 国際通用性のあるテスト

※ETS: Educational Testing Servie(世界最大の非営利テスト開発期間)

TOEIC®Listening & Reading
公開テスト開催スケジュール新規ウィンドウ