サービス接遇技能検定試験

年間およそ5万人が出願しています。サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術などを学べます。企業(金融、鉄道、運輸、ホテル、病院など)での受験者も増えています。
認定団体:公益財団法人実務技能検定協会
後援:文部科学省

試験時間

3 級 12:00~13:40
2 級 14:50~16:40
1 級 12:00~14:10

筆記試験の内容・程度

1級:
サービス接遇実務についての十分な理解と高度な知識と技能を持ち、専門的なサービス能力を発揮することができる。
2級:
サービス接遇実務について理解を持ち、一般的なサービスを行うのに必要な知識、技能を持っている。
3級:
サービス接遇実務について初歩的な理解を持ち、基本的なサービスを行うのに必要な知識、技能を持っている。

※準1級は面接試験のみ実施。

合格基準・筆記試験出題領域

筆記試験は、全級とも「理論」と「実技」に領域区分されており、それぞれの得点が60%以上のとき合格になります。

理論 (60%以上)
  • 1. サービススタッフの資質
  • 2. 専門知識
  • 3. 一般知識
実技(60%以上)
  • 4. 対人関係
  • 5.対人技能
=
合格

1級はすべて、「記述問題」。
2級・3級は「選択問題」(マークシート方式)と「記述問題」

17年 各検定試験
開催スケジュール一覧