大学生協北海道事業連合

環境方針

大学生協北海道事業連合(以下,事業連合)は全国大学生活協同組合連合会の定めた「4つの使命」と「8つのビジョン」を今日的基本課題とし,会員生協とともにその実現に向けて活動を行っております。その中で「人と地球環境にやさしい社会を実現する」という基本理念に基づいて環境保全活動を行っております。

地球環境の保全は私たちが行う事業活動の基礎であるという認識のもと商品の仕入やサービスの提供・共同管理業務の遂行・様々な活動支援などをおこなっております。そしてこの活動は環境への負荷低減と経済的・技術的なバランスを取りながら,目的・目標を設定し取り組んでおります。

このような活動をおこなうなか環境への負荷低減と安心・安全な商品・サービスの提供が持続的に発展していけるように,環境マネージメントシステムの見直しと継続的な改善を進めていきます。

  1. 環境関連法令及び受け入れを決めた要求事項などを遵守し必要に応じて自主基準を制定し管理します。
  2. 会員生協の環境配慮事業を支援します。
    1. 1)商品の仕入から流通に渡り環境に配慮した事業活動をおこない,会員生協に貢献します。
    2. 2)会員生協店舗施設の維持管理を支援し,大学や地域社会の環境保全に貢献します。
    3. 3)会員生協に対し環境に配慮した商品・企画の提案とその普及を進めます。
    4. 4)会員生協の「グリーン購入」のとりくみを支援します。
    5. 5)会員生協組合員の環境問題への関心に応えるとりくみを支援します。
  3. 環境負荷を低減する事業活動を推進します。
    1. 1)会議・提案資料などの紙使用量を抑えるとりくみを進めます。
    2. 2)事業連合事業所の電気使用量を削減するとりくみを進めます。
    3. 3)事業連合事業所におけるグリーン商品の優先調達を進めます。

大学生協北海道事業連合はこの環境方針を遂行するために,構成員への教育・啓蒙活動を行い環境方針の理解と意識の向上をはかり,組織内だけにとどまらず地域社会での実践も追求します。

大学生協北海道事業連合はこの環境方針を内外に公開するとともに,環境活動のとりくみについても定期的に公開していきます。


2008 年7月18日
大学生活協同組合連合会北海道事業連合
第3回理事会